みたか西久保整体院は、「腰痛・肩こり・頭痛」などに困る皆様を改善に導きます。

===header.php end=== ===single-default.php start===

自宅でできる運動シリーズ2

公財)武蔵野健康づくり事業団が発信している、「毎日★自宅ジム ~健康運動指導士がおすすめする体操を自宅でTRY~」!から、お役に立つ情報を引用させて頂きます。

 今回は「階段の上り方」をご紹介します。

あらゆる世代の方対象の運動ですが、膝に痛みのある方は対象外となります。 また、ふらつきが気になる方は手すりなどにつかまって行って下さい。

*健康運動指導士からのメッセージ*

みなさん、一日の中で階段を上る機会はありますか?

階段の上りはきついので避けがちですが、「ながら筋トレ」としてとてもお勧めです。 何の筋トレかというと「スクワット」。

ももとお尻で踏ん張り、体を動かすために必要な筋力が強化できます。

筋肉は使う機会が少なくなると、体の中での優先順位が下がります。 使わなくなった所の血液配分は減り、酸素や栄養も行き渡りにくくなります。 すると、筋力が落ち、やがて体力が落ちて動く事がおっくうになってしまいます。

毎日どこかのタイミングで階段を使う。 慣れてきたら一日の中でこまめに階段を利用し、筋力を維持しましょう。

よりスクワットの効果を引き出すために、片足ずつ体重を乗せながら上っていきます。

姿勢のポイントは、【運動のやり方】を参考に行ってみてください。 家や駅、商業施設の中の階段など、見回せばスクワットの機会は たくさんあります。 まずはワンフロアー分の利用から試してみませんか?

【運動のやり方】

1)片足を一段上にのせる  ※ポイントは写真の矢印方向に足の付け根を軽く引き、お尻をくの字にする

2)(1)に体重を乗せながらのぼる ※ももに体重が乗っているのを感じる

3)逆足も同じようにのぼる

【注意点】

ひざが痛い方は、整形外科の先生に行ってもよい運動であるかを確認してから取組みましょう

===comments.php start===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

===comments.php end===
===single-default.php end=== ===sidebar.php start=== ===sidebar.php end=== ===footer.php start===