スマホ症候群
  1. TOP
  2. スマホ症候群

スマホを長時間使用することで起こる小指の変形

小指の変形

仕事などで長時間スマホを使用する方
自分の小指の形を見てみてください。
左の写真のように変形していませんか?

なぜ小指が変形してしまったのでしょうか?
長時間仕事で使用しているだけではなく
これはスマホの持ち方にも原因があります。

スマホの一般的な持ち方

片手でスマホを操作する人の殆どが、
左の写真のように落ちないよう安定させるために
小指をひっかけるような持ち方をしているのではないでしょうか?

長時間スマホを小指にひっかけてホールドする持ち方が続くと、
指に負担がかかり特に負荷の高い小指が変形することがあります。

スマホのお勧めの持ち方

の変形を避けるためには
スマホの持ち方に気を付ける必要があります。

指に痛みや違和感を感じたら
小指でひっかける持ち方をやめて
手の平にのせるか、指の腹で持つようにすることをオススメします。

スマホの使い過ぎによる腱鞘炎とその予防

スマホをよく使われているあなた!
最近以下のような症状はありませんか?

  • ・指がだんだん痛み出した。
  • ・親指の付け根に圧痛や腫れ、手首の痛みが起こる。
  • ・手や指を使うと痛み、握る動作などができない。
  • ・指から肘の間の筋肉を押すと痛む場所がある。
  • ・決まった動作をすると痛むことがある。
  • ・指を強く反らしたとき痛みが出る。

これらの症状がある方は「腱鞘炎(けんしょうえん)」の可能性があります。

スマホはタッチパネルをひたすら手首でそらす反復動作で、手首、腕に負担がかかります。
指や手首には腕の筋肉から腱というすじが伸びていて、骨と筋肉をつないでいます。
腱鞘は腱を包むトンネルのようなもので、指を動かすときは腱が電車のようにいったりきたりします。
長時間手指を酷使されている方はこの電車の行き来がスムーズでなくなり「腱鞘炎」になります。

腱鞘炎は慢性化するとあとを引きやすいので、ストレッチで予防しましょう。
簡単にできるストレッチ方法をご紹介するので、自宅や職場などで軽く行ってみてください!

ストレッチその①

ストレッチ その①

手の平を手前に曲げ固定し、肘は腕の力で外側にひねります。
イメージとしてはぞうきんを絞る感じです。
(20秒〜30秒)
腕の外側が伸びます。

ストレッチその②

ストレッチ その②

手の甲を手前に曲げ固定します。
なるべく指先にテンションをかけ同じく20秒〜30秒伸ばします。

スマホ操作中の姿勢からくる身体の歪み ストレートネック

スマホを操作している時、姿勢がうつむきがちになっていませんか?
現代人は、読書、パソコン、料理、育児など、うつむいている姿勢が日常多いかと思います。

うつむきがちな姿勢が続くと首の骨の角度が変わり、ストレートネックという身体の歪みに繋がります。
正常な人のの前湾角度は、30〜40度ですが、ストレートネックの方はこの角度が30度以下になってしまっています。
この角度が少ないと、頭痛・首の痛み・肩こりなど、慢性的な症状につながることが多いです。

ストレートネックにならないためのポイントはその角度と頭の位置です。
具体的な良い姿勢のとりかたを写真で説明します。

持ち方①

持ち方①

持ち方②

持ち方②

持ち方①では、首、背中、腰が見事に丸まっています。目と画面の距離も近いです。
これでは首、背中、腰の筋肉がつっぱりっぱなしで負担大ですね。

持ち方②のように、スマホを持つ手の肘を身体につけ安定させ、胸が正面を向いていれば良い姿勢のできあがりです。

持ち方③

持ち方③

持ち方④

持ち方④

持ち方③と④は②とほとんど同じですが、スマホ操作がいったんなくなったときや、画面とにらめっこが続くとき肘の下に使わない手をかませると持ち手は楽になりますよ。

イメージとしては歌人が「一句詠んでいる」ときのイメージでしょうか。むかしの方々も姿勢に重点を置いたのも、暗がりで長時間書物を読み書きしたからだと言われています。

スマホの継続的使用で起こる「スマホ症候群」とそのチェック

これまで小指の変形、腱鞘炎、ストレートネックについて解説してきましたが、この症状の他にも、スマホを日夜継続的に使用することによって首肩コリ・頭痛・めまい・眼精疲労・猫背などが引き起こされます。

にしくぼ整体では、その症状を総称して「スマホ症候群」と呼んでいます。

ここまで読んで、自身で大丈夫だと思っていても、まだ症状が軽いため自覚がない場合もあります。
そんな身体の不調を見逃さないために、「スマホ症候群」のチェックリストをつくりました。

みなさん参考にしてみてください。

スマホ症候群チェックリスト

☑ スマホを1日1時間以上使う☑ パソコンを1日5時間以上使う☑ 猫背である☑ 日常的に首・肩こりがある☑ 上を見上げようとすると首に痛みがある☑ 腕が上がらない(片方耳に付かない)☑ 目が疲れやすく、ドライアイがある☑ ぞうきんを絞る動作で手首・指に痛みが出る

どうでしたか?5個以上該当する方はスマホ症候群の可能性があります。
マメに動いてスマホ症候群を予防、打破しましょう!

スマホ症候群改善のために

スマホ症候群チェックはいかがだったでしょうか?
よくスマホを操作している人ほど、当てはまったのではないでしょうか。

予防方法をご紹介しましたが、もう症状がかなり出てしまっている方のために、にしくぼ整体では「スマホ症候群コース」という、スマホ症候群改善のための特別コースを用意しました。

こちらのコースではスマホ症候群の症状が出やすい上半身(頭部・首肩・背中・腰回り・腕)にターゲットをおき、しっかりとほぐしていきます。

加えて「姿勢・エクササイズ指導」を取り入れることで施術後も持ちの良い状態をつくっていきます。

特別コースの詳しい内容と料金を見る

スマホ症候群の関連記事

スマホ症候群(小指チェック編)

2011年以降インターネットの書き込みで報告が急増している 「スマホによる小指の変形や痛み」みなさんは大丈夫ですか?そこでチェックリストを作成しました。☑小指の第一関節〜第二関節がへこんでいる☑小指が...

この記事の続きを読む

スマホ症候群(精神面への影響)

皆さん 「スマホ症候群」という言葉をご存知でしょうか?最近新造語として使われ始めています。 3,4年前から急激に普及していったスマートフォン。小型パソコンと言ってもよい程の高性能でその性能と便利さは...

この記事の続きを読む

スマホ症候群(チェック項目)

「スマホ症候群」のチェックリストをつくりました。 みなさん参考にしてみてください。 スマホ症候群チェックリスト  スマホを1日1時間以上使う パソコンを1日5時間以上使う☑猫背である 日常的に首・肩こりが...

この記事の続きを読む

スマホ症候群(スマホ肘、小指の変形編)

スマートフォンをよく使われているあなた! 最近こういった症状↓はありませんか? このスマホ症候群でよくある痛みは・指がだんだん痛み出した。・親指の付け根に圧痛や腫れ、手首の痛みが起こる。・手や指を...

この記事の続きを読む

スマホ症候群(姿勢編)

「スマホ症候群」の具体的な良い姿勢のとりかたを写真で説明します。(スマホ肘、小指の変形編)でご説明したストレートネックの大きな原因の1つが うつむいた姿勢 でしたね。読書、パソコン、料理、育児...

この記事の続きを読む

スマホ、パソコンを使う方のトラブル

『手のしびれ』 手がしびれ、指がふるえる (50代 男性 会社員) 『肩が上がらない』 左肩が上がらず、手のしびれも (40代 男性 会社員)...

この記事の続きを読む
にしくぼ整体

大川カイロプラクティックセンター

にしくぼ整体

東京都武蔵野市西久保2-2-18-2 グローシック・ビル101

営業時間  平日10:00〜20:00  土日10:00〜18:00

休診日  火曜・祝日・当院指定日

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合せ TEL0422-52-1315

ホットペッパービューティー
  • エキテン

受付時間のご案内

平  日  :
  10時〜20時
土  日  :
  10時〜18時
休診日  :
火曜日・祝日・当院指定日

※時間外の施術はご相談ください。

  • にしくぼ整体オフィシャルブログ
  • にしくぼ整体オフィシャルブログ
  • にしくぼ整体オフィシャルブログ
  • にしくぼ整体は携帯電話に対応しています。
  • 症状例に特化したスマートフォンサイトに変身!にしくぼ整体のサイトはスマートフォンに対応したサイトです
  • 院長のつぶやき
  • 大川カイロプラクティックグループ